スポンサーリンク




初めての誕生日ケーキ

1歳のお誕生日のケーキを自分なりに作って見たので、
材料や用意するものをまとめてみました。
「少し豪華なおやつ」としてばくばく食べて欲しかったので、
娘が良く食べるフルーツや食パンで作りました。

材料・用意したもの

  • 5枚切りの食パン 3枚
  • プレーンヨーグルト 1パック
  • キウイ 1個
  • いちご 4個

ヨーグルトは1パック丸ごと水切りしましたが、
使ったのは大さじ4くらいでした。
食パンは高さが欲しかったので3枚にしましたが、
写真のように結構高くなるので、
上にデコレーションをたっぷりしたいときは2枚でもいいかもしません。
また、蒸しパンの方が好きな子はそれでもいいかもしれません。

  • 直径12cmくらいの器
  • バターナイフ

器は食パンを丸く切り抜くガイドとして使いました。
セルクルがある人はそちらで切り抜いた方が間違い無いです。
バターナイフはヨーグルトを塗るのにちょうどいい大きさでした。

前日に水切りヨーグルトの用意

水切りに時間がかかるため前日に取り掛かります。

  1. パックの蓋を完全に開ける
  2. 上からキッチンペーパーをかぶせる
  3. 輪ゴムで止める
  4. 口が少し大きめのマグカップや器に逆さにしてのせる
  5. 冷蔵庫に入れてひと晩冷やす

翌朝には、水分がマグカップ2/3ぐらいまで出てきていて、
内容量が目視で半分くらいまで減っていました。
ちなみにキッチンペーパーは、うちは薄手のものを使っていたので2枚重ねていますが、厚手のものなら1枚でも問題ないと思います。
キュッとした酸味が抜けて、
まったりしたチーズみたいなヨーグルトが出来上がります。

撮影や食べる前に手早く準備

ヨーグルトが温まってくると緩くなってしまうので、
写真をとる直前に用意するのがオススメです。
食パンのカットまでは、
当日朝にパンを食べるついでにやってしまってもいいかもしれません。

1.食パンをカットして重ねる

用意した器をカポッと上からかぶせて、
周りを包丁で切っていきます。

2.フルーツをカット

最初に輪切りにしていって、
上にのせる三角形を作って行きました。
苺の一つは横半分にカットして、中心に載せました。
ちょっと大人のケーキみたいになるかなと思って。

 

3.ヨーグルトを塗りながら、フルーツを入れながら、パンを重ねていく

バターナイフを使いました。
横から見た様子、少し表面がザラザラしていますが、食パンを綺麗に切らずにいたためです…断面が綺麗なところはうまくぬれたので、
出っ張ったりしているところはあらかじめ取っておいたほうが良さそうです。

フルーツは1段目と2段目の間に苺の輪切り、
2段目と3段目の間にキウイを入れました。
今こうやってみると逆でもよかったかも..
貼り付けるデコレーションも考えましたが、
落ちてきたら悲しいので中に入れて見えるようにしました。
横からちらっと見えるのが可愛いです。

4.フルーツの飾り付け

完全にお好みで…もっとぎっしり入れてもよかったかなと思ってます。

もりもり食べてくれた

最初に中心にのせた大き目のいちごからスタートして、
綺麗に上のフルーツを食べ、
その後パンをうまいことちぎりながら食べていました。
おやつとしての量的に、食パン1枚(円の状態で)食べたあたりでお皿をそっと下げて、
残りは大人たちで美味しくいただきました。
(少し冷蔵庫で寝かせた状態の方が、しっとりして美味しかったです。
大人はハチミツとかかけても美味しかったかも…)

掃除はそれなりに覚悟を

手づかみで食べさせるとヨーグルトでベチャベチャになるので、
手元にお手拭きなど用意しておいたほうがいいです。
元気に食べる子はビニールシート敷いちゃってもいいかもしれません。

その他のおすすめ記事

離乳食

離乳食スタート時に準備したものたち6つ
離乳食スタート後「あってよかったな」と思った調理器具8つ
ファルスカ スクロールチェアプラス バウンサーからハイチェアへ
「曲がる歯ブラシ」と「みみちゃん絵本」で仕上げ磨きが楽になった

お誕生日

A4サイズのシンプルなバースデイポスター(無料ダウンロード)
はがきサイズのシンプルなマンスリーカード(無料ダウンロード)
1歳のお誕生日にぴったり!D-bike mini miffyをプレゼントしました


スポンサーリンク