2017年5月に初めて出産しました。出産レポ漫画でも触れましたが、陣痛が「腰痛だと思ってたら陣痛だったタイプ」でした。
安産教室で「陣痛は背中や腰にくることもあります」と事前に聞いていたにも関わらず、長時間気づかなかった痛み。
私自身産前は「陣痛ってどんな感じなの?!来たらちゃんとわかる?!」ととても不安でいろいろ調べていました。
そういう方に、「こういうパターンもあるんだな」と少しでも参考にしてもらえればと思い、記事にまとめてみました。

スポンサーリンク




普通の腰痛との違いは「動きに関係ない」

「今思い返してみれば」というレベルなのですが、決定的な違いはこれでした。
普通の腰痛の時は、

  • 体制を変えた時
  • 変えずにずっと静止していた時
  • 急激に動かした時
  • 決まった方向に動かした時

など、体の動きに合わせて痛みがあります。
が、この陣痛の時はそうではなかったように思います。
なんとなく常に痛くて、伸ばして観たりさすってたり抑えたり、支えたりしても効果がありませんでした。

痛んだ場所と、痛み方の図解

お腹側の痛みはほぼ無し

お腹の痛みや、強い張りは特に感じませんでした。
もしかしたら張るかな?という弱い気配みたいなものはありました。
胎動はそこまで激しくないけれど、いつもどおり。
背中側の骨盤周りが痛みました。
最初は左側が痛いな〜と思っていたけれど、徐々に腰全体に重い痛みが続くように。

押し広げられるイメージ

イラストのように、何か丸まった硬いものを、無理やり押し広げられるようなイメージでした。
その負荷が中央に一気にかかってしまっている感じです。
赤い部分にかかる負荷が一気に集中するような痛みでした。
骨盤を広げようとする作用のせいなのかもしれません。

痛みの経過

とはいえ時間帯によって痛み方も様々だったため、当時のツイートやメモをもとにざっくりまとめてみます。

気付き始め「ただの腰痛かな」

お腹がたまに張っていましたが、腰部分は本当にただの腰痛と一緒でした。
以下のようなときの痛みに似ていました。

  • 一日中買い物してなんか腰が重い時
  • デスクワークで8時間以上座っていた時
  • 硬いマットや布団で寝てしまった時

臨月に入ってから、運動不足解消のためによく歩いていたので、「歩きすぎたから腰痛くなっちゃったかなー」と思っていました。

 

出産12時間前「肛門を押されてる感じ。規則的?」

次第に、腰痛から肛門の方まで痛みが広がるようになりました。
痛みというよりも、押されるような感じ。
マッサージなどでグーッと押してもらうことありますよね。
あれの強いやつを内側からされているイメージです。

グーーーーっと数十秒押されるのを、10-15分おきくらいに繰り返される感じでした。
この時はまだ陣痛だと気づいていません。

出産5時間前「腰が爆発しそう」

上記の押される感じが激しく、強くなったイメージでした。
「爆発」というと瞬間的なイメージなのですが、「爆発しそう」という、ギリギリまでエネルギーというか、強いパワーみたいなものが腰にズンズン溜まっているイメージです。
タイヤの中に破裂寸前まで空気を入れるようなシーンを想像してもらえればと思います。
それくらい痛みパワー(?)が腰に溜まってる感じでした。

下記からツイートはリアルタイムではなく、出産日の夜にまとめたものになります。

出産3時間前「いきみたさマックス」

出産レポや先輩ママの出産エピソードでよく聞くのが「いきみたい」感覚。
産前これをよく理解できなかったのですが、ほとんど便意と一緒でした。
上記の「腰が爆発しそう」に「出しちゃいたい」感覚が加わります。
腰全体が暴発寸前という感じ。
「爆発しそう」という痛みは3-5分間隔なのですが、この「出しちゃいたい」は分娩時まで常にありました。

出産1時間前「会陰押しが効かなくなり、声がでる」

それまでは「ふ〜」と声を出さずに息を吐くだけで痛みを耐えられました。
が、徐々に「うう〜〜」と声が出てしまうように。
助産師さんに止められてからは必死に声を出さないようにしました。
(声を出すことに体力を持っていかれたり、自分の声でパニックに陥ったりしやすいそう)

出産直前「大きな丸い岩がお尻の穴に詰まってるような感覚」

この感覚は結構はっきり覚えています。
というのも、「出産がどんな感じだったか教えてね」と友人たちに言われていたため、こう伝えよう…と決めていたからです。
ほとんど便意に近いんですが、その内容物がかなり固くて、大きくて、絶対に自力では出せない…でも出ちゃいそう!
そしてその大きいものが腰にも当たってて痛い!!
という感じです。
膣の方も、腰の方も同時に中から一気に押されている感じでした。
痛み方は基本的に変わらないのですが、パワーが何百倍にもなった強さで体にぶつかってくるようでした。

まとめ:ほんとにいろんな陣痛がある

私が知人や先輩ママから聞いたことがあるだけでも、かなりのパターンがありました。

  • いきなりお腹が強く張って、うずくまるくらいの痛みが下腹部に来た
  • 下腹部全体が、お腹を下した時みたいに痛くなった
  • お腹のはりが定期的になって、その後から生理痛のひどいようなのが始まった などなど…

(同じように「腰痛だと思ってた」という人もいました。ただ私と違い痛みがない時間との差が激しかったため、明らかに陣痛だと途中で気づいたそうです。)

もしもまた妊娠の機会があった際には(まだ予定してないけれど…)下記のことに気をつけようと思っています。

  • 早めに陣痛アプリを起動して時間の感覚を図る
  • 腰に負担がかかる運動をしすぎない
  • 記録した感覚を覚えておく(それでも、第一子と第二子では痛みかたが違う場合もあるそうなので、念のため…)

こんな陣痛もあるんだなーと参考にしてもらえれば幸いです。

その他出産準備に役立ちそうな記事

妊娠出産

出産レポ漫画 はじめに
出産前、産休中にやっておいてよかったこと5つ
妊娠発覚後、周囲への報告の時期まとめ
産院でもらった出産準備リストが、一番最低限でわかりやすかった
友人からもらって嬉しかった出産祝い
産前産後のメガネ、コンタクトこと
出産の兆候「おしるし」の記録と、その他の兆候
産後1ヶ月は痛みが続きました。会陰切開の記録

ベビー用品

出産準備で行って良かった&行けばよかった6つのお店
「2個買い」して育児がちょっと楽になったものたち
赤ちゃんとの移動手段。交通手段や荷物の量で使い分けました
0歳育児 あってよかったランキング【こども部門】
いらないと思ってたベビーモニター、音声のみでも大活躍だった
チャイルドシート 選び方のポイントは「使う月齢」と「車内の広さ」
2DKのベビーベッド事情
2DKのベビーサークル事情
バウンサーからハイチェアへ farska スクロールチェアPlus

赤ちゃんとの暮らし

賃貸2DKで赤ちゃんと暮らす
0歳育児 あってよかったランキング【くらし部門】
7か月の時に始めた「ねんトレ」とその効果
産後の家事を捗らせた、ずぼらな自分へのルール4つ
育児漫画まとめ 0歳時代前編

育児の人気記事

3タップで記録開始する授乳アプリ。簡単で見やすい「育児ノート」
助産師さんに教わった赤ちゃんの足裏サイン
夜泣きが減った「ねんトレ」実践したのは3つのこと

 


スポンサーリンク