「脚の付け根チクチク」で気づいて、生理予定日1週間後に市販の検査薬で陽性。
出血や強い痛みなどはありませんでしたが、
異所性妊娠やその他の異常がないか確かめるために産婦人科へ向かいました。

スポンサーリンク




最初の検診はまだ小さめ

経膣エコーの検診を受けました。
最終月経日などから計算して、すでに5wくらいかなと思っていましたが、
胎嚢のサイズ的にまだ4w3dとのこと。
2週間後に再診を受けることになりました。
この後グーンと成長した様で、最終月経日から予想した通りの週数になっていきました。

黒いのが小さな胎嚢、その中の白いのが「赤ちゃんのもと」と説明されました

体調|つわりがじわじわ

本格的なつわりは8wぐらいから一気に押し寄せたのですが、
この頃から、
「なんとなく気持ち悪いな」
「これ今食べたくないな」
「今異常にこれが食べたいな」
という事態が多くなりました。
前回妊娠時はとにかくジャンクで味が濃いものを食べたがったのですが、
今回はそういうわけではなく、カップ麺のパッケージをみると何と無く気持ち悪くなる様に…
吐くほどまで行かないけど、じんわり気持ち悪い状態が続きました。

娘の様子|初めての病院に号泣

初めての場所だったのもあり、ものすごく泣きました。
診察の間は事務の方に抱っこしてもらいましたが、ぐねぐね暴れながら泣いていたそう…
診察中も「かかーーー!」という叫び声が響き渡っているのが聞こえました…

ただ、遊び場がしっかり確保されている病院だったため、
そこで遊んでいるときは楽しそうにしていました。
これからも通う予定の病院だったため、一安心

1歳半をすぎ、この頃からたくさん喋る様になった娘。
→1歳6ヶ月 できるようになったことと1日の過ごし方
コミュニケーションが取れる様になってきたので、
「なんで泣いてるんだろう…」みたいに悩むことは減ってきました。
が、意思表示ができる様になった分、思い通りにいかなかった時にぐずることが増えたので、
できるだけ気持ちを受け止める様にしました。
またぬいぐるみを前よりも可愛がる姿も見られる様になったので、
赤ちゃんがやってきたらどんな風になるんだろう…とちょっと楽しみにもなりました。

里帰りを計画

また、このころ実家に帰省する機会があったので
「まだ継続できるかわからない」と前置きした上で私自身の両親には経緯を伝えました。
里帰り出産の予定のため、あらかじめ伝えておいてよかったと思います。

その他おすすめの記事

出産準備

無印良品のナイロンメッシュケースを母子手帳ケースにしました
ユニクロのマタニティインナー 膨らみ始めたお腹にもぴったりでした
賃貸2DKで赤ちゃんと暮らす工夫。試行錯誤した間取りと家具配置。
0歳育児 あってよかったランキング【こども部門】
妊娠発覚後、周囲への報告の時期まとめ

第二子妊娠の記録

第二子妊娠 確信したのは「足の付け根のチクチク」でした
5w4dで初受診 胎嚢を確認できました(このページ)
8w3dの検診 心拍確認とつわりピーク
10w4d 予定日の決定と母子手帳交付
13w4d 3Dエコーで全身を確認 心音も聞けた
16w2d 里帰り先病院での検診、分娩予約
20w2d 性別判明、胎動もわかるように
23w2d 経過は順調、お腹が重くなってきました
26w3d こむらがえりに胃もたれ マイナートラブル出てきました
28w4d 貧血で鉄剤処方、娘も一緒にエコーをみる
30w6d 里帰り前最後の検診。経過は順調そう
33w2d 分娩する産婦人科で受診。いよいよ始まる里帰り生活

第一子妊娠・出産の記録

出産レポ漫画1 おしるしと最後の検診
「腰痛だと思ってた陣痛」の痛み解説。普通の腰痛との違いなど
産後1ヶ月続いた痛み。会陰切開の記録
【前編】5月生まれ赤ちゃんの1年間 服装と生活を振り返る


スポンサーリンク