現在2歳になる娘の出産準備の時は、
おしりふきケースはアカチャンホンポオリジナルの安いものを購入。

が、娘が自分で開けて中身を出すようになったり、
動き回るようになってあちこちでオムツ替えをするようになってから、
結局使わなくなってしまいました。

第二子出産準備では、
必要なものも第一子の時ほど多くないので、
少しでもストレスを減らすために、
ちょっと良いおしりふきケースを買ってみました。

created by Rinker
OXO Tot
¥3,240 (2019/10/22 09:21:30時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク




見た目がシンプル

まずシンプルなことが第一条件だったのですが、
カラーリングもほぼ真っ白で気に入りました。
全体がツルッとしてるところも好きです。

中央にはちょっとキラキラしたロゴが入ってます。

届く時はステッカーガチャガチャで海外製!って感じですが、綺麗にはがせます。

結構重い&大きい

シートの上に重石を乗せて使います。ワセリンは大きさ比較用。

想像していたおしりふきケースよりも、
一回り大きいです。
また、本体も572gとちょっと重め。
どちらもあらかじめ見ていたレビューでの想定内でした。

本当にワンタッチ&片手で開け閉め

過去に使ったものは、「ワンタッチ」「片手」をうたっていても、
シート自体を引き出す時に本体を支えるので、両手を使っていました。
その間に転がっていく娘…
ずれるオムツ…
慌てて支えるから閉め忘れるふた…
乾いていくシート…
ということを何度も繰り返していました。

このケースは重石がついているので、
本当に片手で1枚1枚引き出せます。
もちろんものすごい力と速さで引っ張ったら
本体も引っ張ってしまいそうな感じはありますが、
日常的に使う分には問題なさそう。

開け閉めに関しては、「パカ!」という感じではなく、
「じわー」っという感じで開きます。

この辺の使い勝手は好みがあるかもしれません。

安心できる密閉感

とにかくパッキン部分が、キッチン用品のようにしっかりしているので、
乾くことは心配しなくてよさそうです。
そもそもOXOという会社はキッチンツールなどの家庭用品がメインのメーカーらしく、
「OXO Tot」はその子育てラインらしいです。

「オムツ替えが定位置」の時期はぴったりかも

家の中の持ち運びにはあまり向かなそうですが、
新生児期や、オムツ替えの場所が決まっている時期
(テープタイプで、寝転がせて替える時期)
には向いていると思います。
何より開け閉め、取り出しにストレスがないのが本当に嬉しい。

「おしりふきシート」自体は、
子供の成長やオムツの卒業でゆくゆくは使わなくなっていくもの。
ですが、このデザインと密閉性、使用感なら、
掃除用シートやウェットティッシュを入れたり他の役割に使えそうです。

その他のおすすめ記事

ベビーグッズ

いらないと思ってたベビーモニター、音声のみでも大活躍だった
2DKのベビーベッド事情。シンプルなハイタイプが正解でした
ファルスカ スクロールチェアプラス バウンサーからハイチェアへ

出産準備

はがきサイズのシンプルなマンスリーカード(無料ダウンロード)
Amazonベビーレジストリ 出産準備お試しBOXが届きました
出産準備で行って良かった&行けばよかった6つのお店

お買い物・家事

子育てする前に出会いたかった、ひみつ道具3つ
Amazonと楽天。子育て中の我が家の使い分け
「もっと欲しい」と思って無印良品週間で買い足した愛用品8つ


スポンサーリンク