出産前から、子供との暮らしは大変だろうな、バタバタするんだろうな、となんとなくは想像していました。
それでも想像しきれなかったことの一つに
「生活の中の些細なタイムスケジュールを組むことが地味にストレスになる」
ということが挙げられます。
日々モヤモヤが募るのでどうにかして解決しよう!と思い立ち、金にものを言わせて(!)「2個買い」したものがいくつかあります。
その中でも安価で、すぐに買えそうなもの3つをあげてみました。
「もうちょっとだけ楽になったらな」という部分が解消できてスッキリしました。

スポンサーリンク




外出用ストローマグ


もともとお家用のストローマグは持っていたのですが、
お出かけが増えてきたり、家の中でも移動が増えると自然とお出かけ用の出番が増えてきました。
溢れる可能性が高いお家用はほとんどお蔵入り。
お出かけ用のストローマグは、しばらく一本で頑張っていました。
さらには寝かしつけの時にも枕元に置いて起きたいので、
「夜、必ず寝かしつけ前にストローマグを洗って綺麗にして水を補充する」
というタスクが毎日ありました。
文にするとなんてことない作業のように思われます。
でもストローマグってパーツが多くて洗うのが面倒臭いし、寝かしつけ前は寝ぐずりだったり歯磨きだったり色々やることが多くて、意外とバタバタ。
思い切ってもう一個買ったら、
「夜はきれいなストローマグに水を補充する」
「使ったストローマグを開いた時間に洗う」
の2つにタスクを分けることができました。

水を補充するだけなら簡単だし、洗うのも他の洗い物のついででいいので、面倒臭さが格段に減りました。
洗った後は水気を拭き取るよりもしっかり乾かした方が衛生的にも良さそうだし、本当に買ってよかったです。

created by Rinker
リッチェル
¥1,600 (2019/08/22 09:41:53時点 Amazon調べ-詳細)

保湿剤


夜の保湿はお風呂上がり、朝の保湿は寝室で。
今まではバタバタ行き来してました…
「朝/夜のために今の内に移動させて置くぞ」と移動しておいても、
「あれ?こっちに持って/置いて来ちゃってたんだ」
とかあっちこっちしていたので、もう両方におく事にしました。
こんな些細な事だけどストレスはかなり減りました!
消耗品なので消費量自体は変わらないし、思い切って買ってよかったです。

用途の決まっているおくるみ


正確には頂き物です。
このおくるみは、通気性があるけど厚みもしっかりしていたので、以下の用途に使ってました。

  • ベビーカーに乗せたりするときに、秋口の防寒として
  • 折りたたんで外出時の授乳時のクッションとして

通気性もいいので洗ったあと乾くのが早いのですが、それでも洗うタイミングを見計らうのに結構エネルギーを使いました。
(冒頭でも述べたとおり、産前は想像できなかったのですが、こういう些細なタイムスケジュールを組むことが地味にストレスになります。
たまたまこのヘビーに使ってたおくるみを、別のタイミングでいただきました。
お祝いをくれた友人は「被っちゃったよ〜!」と言っていたのですが、こちらからしたら本当にありがたかったです…
汚れが気になったらすぐそのときに洗濯カゴに入れて、新しい綺麗なものを使える、というのは些細なことだけど嬉しいです。

おくるみってお祝いなどでいただくことが多いけど、素材やサイズによって用途や使いたいシーンが結構違って来ます。
そうなってくると、お出かけ用を洗うタイミングを逸したり、出先で思わずかさばっちゃったり、汚したくなかったものを汚しちゃったり…とちょっとしたストレスが増えてきます。

もし決まりきった用途のものがあるなら、別のお祝いの機会にリクエストしたり、思い切って買っちゃうのもいいかもしれないと思いました。

created by Rinker
¥4,320 (2019/08/22 14:57:08時点 楽天市場調べ-詳細)

2個買いのポイント

  • 用途がハッキリ決まっている
  • 1日の中で出番が多い
  • 「もう一個あったらな」と1度でも考えたことがある
  • 場所を取らない

自分が上記のものを買った時に、頭の中で考えていたことです。
無駄にならずに使うことが確実なのであれば、生活を楽にするために思い切って買ってみることも私はおすすめです。

その他のおすすめ記事

育児中、穏やかに過ごすために工夫していること5つ
産後の家事を捗らせた、ずぼらな自分へのルール4つ
赤ちゃんとの移動手段。交通手段や荷物の量で使い分けました
1歳半検診で聞いた「虫歯菌がいるだけでは虫歯にはならない」という話

Apricaのニオイポイでオムツのにおいから解放された
IKEAで買った、意外と育児に役立っているものたち
0歳育児 あってよかったランキング【こども部門】
0歳育児 あってよかったランキング【くらし部門】


スポンサーリンク