0歳児の時にたまにかいてツイッターに投稿していた育児漫画をまとめてみます。
時期によって用意できる画材や加工アプリが異なるため、絵柄があちこちしています。

前編はこちら。

育児漫画まとめ 0歳時代前編

スポンサーリンク




しばらく続いた吐き戻し

育児漫画/しばらく続いた吐き戻し

新生児の頃、吐き戻しがとても多かったので検索魔になっていました。
1ヶ月検診で相談したところ「元気なら大丈夫だよ、噴水みたいに吐かなければ平気」と言われました。
量が多すぎて「噴水みたいじゃない!?」と焦ることもありましたが、様子を見ていたら生後3ヶ月ごろには落ち着きました。
が、まだまだ1日に1回は吐き戻しがありました。
その頃には笑えるようにもなってきたので、口の周りを汚しながらも「えへ〜」と笑っていたりして、大丈夫なんだなとやっと安心した気持ちになったのを覚えています。

生後3ヶ月 言葉を知らない娘との会話

育児漫画/生後3ヶ月 言葉を知らない娘との会話

喃語が出始めの頃。
里帰りも終わり、家で二人きりのことが多かったので、ことあるごとに娘に話しかけていました。
返事をするようなタイミングで声を出してくれることも。
ちょっと高くて、小柄な割にボリュームのある可愛い娘の声を、たくさん動画にも取りました。
言語を持たない赤ちゃんの思考ってどうなってるんだろう?と夫と話したのを覚えています。

離乳食スタート!

育児漫画/離乳食スタート!

離乳食開始時、最初の5日くらいはおかゆをほとんど食べてくれませんでした。
食べるようになっても上記のように怪訝な顔で見つめてくる…
進められるかな、大丈夫かな、と少し心配していました。
でもよく考えたら今まで母乳やミルクしか飲んだことないのに、新しい味がきたら確かにちょっと警戒するよね、と思い直し地道に進めて行きました
(1歳1ヶ月の現在、娘は食いしん坊です。)

少し先の未来の想像がつかない

育児漫画/少し先の未来の想像がつかない

毎日の発達が著しい0歳児。
月齢別のガイドとか見ていると、「本当に〜するようになるのかな?」と信じられないけど、どんどん成長して行きます。
驚きの連続でした。
1歳1ヶ月の今振り返ってみると、寝返りができる前や腰が座る前のことが、はるか昔のよう。
動画とか見返すと本当に別人のようです。

お気に入りのぬいぐるみ

育児漫画/お気に入りのぬいぐるみ1

育児漫画/お気に入りのぬいぐるみ2

育児漫画/お気に入りのぬいぐるみ3

1歳になるちょっと前くらいのこと。
今まではぬいぐるみは歯固めと同じような扱いだったのに、ある時小さなぬいぐるみを渡したら「きゃー!」と言って笑顔で抱きつきました。
「わかるようになったんだ!」と成長を実感した瞬間でした。
それ以来お気に入りに。

育児漫画まとめ 1歳0ヶ月へ

その他漫画記事

育児漫画

0歳時代 前編|はじめての抱っこ紐や添い乳のこと
1歳0ヶ月|ひとり立ちが始まった
1歳1ヶ月|自我が出てきた頃
1歳2ヶ月|ぼんやりコミュニケーション

出産レポ

1.おしるしと最後の検診
2.腰痛だと思ってたら陣痛だった
3.陣痛との孤独な戦い
4.いよいよ分娩台へ
5.派手に破水、排臨
6.最後のいきみ、いよいよご対面


スポンサーリンク